県産ブドウを用いたワインの開発

県産ブドウを用いたワインの開発

県名千葉県
研究機関名千葉県産業支援技術研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~、27
年度2014
概要県産ワインの開発に取り組むにあたり、現状のワインの醸造工程及び成分調査を実施するとともに、原料ブドウから酵母の分離を試みた。‘ヤマソーヴィニヨン’を原料としたワインは他のブドウのワインと比較して香気成分中に含まれる酢酸エチルの濃度が高い傾向を示し、原料や醸造工程による影響によるものと推察された。また、‘ヤマソーヴィニヨン’のもろみ中の酵母を探索し、分離することができた。
研究分担食品・化学技術室、技術支援室、プロジェクト推進室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030220698
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat