14.病害虫防除・予察技術の開発及び改善、(1)病害虫の診断同定および発生生態の解明に基づく予察・防除技術の確立、(ア)診断・同定及び防除対策の確立

14.病害虫防除・予察技術の開発及び改善、(1)病害虫の診断同定および発生生態の解明に基づく予察・防除技術の確立、(ア)診断・同定及び防除対策の確立

県名神奈川県
研究機関名神奈川県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継S36~
年度2014
概要目的:原因不明の病害虫被害の原因を調査・同定して明らかにすることにより、適切な防除対策を確立するため、迅速・確実な診断・同定技術の開発及び病害虫の発生生態に基づく効果的な防除技術を開発する。発生生態が明らかでなく防除が困難な病害虫の生態や薬剤耐性菌や薬剤抵抗性害虫の発生を明らかにする技術を開発して適切な防除対策を確立する。IPMを推進するため病害虫被害の原因および発生生態を把握する。、計画:(1)病害の診断・同定の開発、(2)虫害の診断同定の開発、(3)難防除病害虫に対する防除法の確立、(4)遺伝子診断技術の開発、(5)花き類の生物的防除法の確立、(6)中山間地域直売品目の環境に配慮した病害虫防除技術の確立、期待される成果:原因不明の病害虫が明らかとなり、適切な防除対策が図られる。発生生態が明らかとなり、適切な防除対策が図られる。IPMによる病害虫対策が図られる。
研究分担生産環境部、生産技術部、三浦半島地区事務所、足柄地区事務所、北相地区事務所
予算区分県単
業績(1)セイロンニッケイ炭疽病(新称)
(2)9種観賞植物の花器から分離されたBotrytis cinereaの病原性
(3)市販「赤色防虫ネット」は何故タバココナジラミに対して防除効果を発揮できないか
(4)神奈川県におけるナミハダニの薬剤感受性
(5)キャベツ栽培における育苗期灌注剤の処理時期の違いによるネギアザミウマへの防除効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030220862
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat