醸造用ブドウの高品質化に向けた栽培技術の確立 3作柄データベースを構築するための調査・分析方法の策定

醸造用ブドウの高品質化に向けた栽培技術の確立 3作柄データベースを構築するための調査・分析方法の策定

県名山梨県
研究機関名山梨県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~H28              
年度2014
概要(1) 実用的な調査・分析方法の確立                                                               200粒法と10房20粒法について、繰り返しサンプリングして果実品質を比較した結果、200粒法はバラツキが少なかった。昨年度の分析結果について、ワインセンターの果汁分析値と200粒法および10房20粒法と比較した結果、200粒法は糖度、pHについて10房法と同等以上に相関が高かった。、(2) 作柄データの収集                                                                         昨年に引き続き、「カベルネ・ソーヴィニヨン(垣根ギヨ)」、「甲州(棚長梢)」、「シャルドネ(垣根ギヨ)」について、200粒法及び10房法により収穫2週間前~収穫後2週間の果実品質データを5回以上収集した。
研究分担醸造ブドウ栽培科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030220997
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat