ブドウ及び核果類等の病害虫薬剤防除法の改善                             1農薬の効力検定及び残留分析試料の調製

ブドウ及び核果類等の病害虫薬剤防除法の改善                             1農薬の効力検定及び残留分析試料の調製

県名山梨県
研究機関名山梨県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継S54~              
年度2014
概要(1)新農薬の効果査定                                                                     1)殺菌剤                                                                                   モモのうどんこ病に対し、トップジンM水和剤 1,000倍は、対照薬剤のトリフミン水和剤2,000倍と比較し、ほぼ同等の防除効果が認められた。ブドウ白腐病に対し、オンリーワンフロアブル 2,000倍、フルーツセイバー 1,500倍は、対照薬剤のロブラール水和剤1,500倍と比較し、ほぼ同等の防除効果が認められた。セイビアーフロアブル 1,000倍は、対照薬剤のロブラール水和剤1,500倍と比較し、優る防除効果が認められた。ブドウつる割病に対し、デランフロアブル 200倍、ホーマイコート 100倍は、対照薬剤のベンレート水和剤500倍と比較し、ほぼ同等の防除効果が認められた。                                                                                  2)殺虫剤                                                                                スモモのシンクイムシ類に対し、AKD-1193SC 5000倍は、対照薬剤のスカウトフロアブル 2,000倍と比較し、ほぼ同等の防除効果が認められた。エクシレル 5,000倍は、対照薬剤のスカウトフロアブル 2,000倍と比較し、防除効果はやや劣った。オウトウのオウトウショウジョウバエに対し、AKD-1193SC、コルト顆粒水和剤 10,000倍は、対照薬剤のテルスターフロアブル 4,000倍に比較し、同等の防除効果が認められた。オウトウのハダニ類に対し、NA-89フロアブル2,000倍は、対照薬剤のカネマイトフロアブル 1,500倍に比較し、優る防除効果が認められた。デュアルサイド水和剤 2,000倍は、対照薬剤のカネマイトフロアブル 1,500倍に比較し、防除効果はやや劣った。ブドウのコガネムシ類に対し、IKI-3106液剤50 2,000倍は、対照薬剤のコテツフロアブル 2,000倍に比較し、同等の防除効果が認められた。ブドウのクワコナガイガラムシに対し、トランスフォームフロアブル2,000倍は、対照薬剤のスプラサイド水和剤 1,500倍に比較し、同等の防除効果が認められた。ブドウのアザミウマ類(チャノキイロアザミウマ)に対し、S-1982SC 500倍、1,000倍(果房浸漬)は、対照のアドマイヤーフロアブル5,000倍散布に比較し、優る防除効果が認められた。                                                                        (2)マイナー作物等農薬登録に向けた効力検定および残留分析試料の調整                                            オウトウショウジョウバエに対しスプラサイド乳剤は高い防除効果を示した。また、残留分析の試料調整、倍量薬害試験を実施した。ラズベリーのオウトウショウジョウバエに対し、スカウトフロアブルは防除効果が認められた。また、残留分析の試料調整、倍量薬害試験を実施した。、
研究分担病害虫科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030221005
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat