果樹病害虫発生予察事業      1 指定・重要病害虫に関する発生予察

果樹病害虫発生予察事業      1 指定・重要病害虫に関する発生予察

県名山梨県
研究機関名山梨県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継S40~              
年度2014
概要(1) 主要病害虫に関する発生状況調査                                                              1) モモ縮葉病、灰星病、黒星病の発生調査                                                            花腐れの発生は認められなかった。モモ縮葉病の発病葉そう率は、81~95%と高かった。モモ黒星病については、6月末から発生が認められ、例年よりも遅かった。                                                                        2) ブドウのチャノキイロアザミウマ発生消長調査                                                       チャノキイロアザミウマの初誘殺は4月1半旬に確認され、10月まで連続して発生した。誘殺虫数は7月中旬になると急激に増加した。昨年に引き続き、今年の被害は県内全般に多発傾向であったが、調査ほ場における誘殺虫数は昨年並みであり、H22~24よりも少なかった。、(2) フェロモントラップによる調査                                                                 チャバネアオカメムシは、5月以降、断続的に誘殺が認められ、特に7月中旬の誘殺数が多かった。県下全般に発生量が多く推移した。モモのチョウ目害虫では、モモノゴマダラノメイガとナシヒメシンクイの誘殺虫数が平年と比較して多かった。モモハモグリガについては、年間を通じて少発生傾向であった。                                                                       (3) カイガラムシ類の幼虫発生時期調査                                                              ブドウにおいて、クワコナカイガラムシの性フェロモンルアー(試作品)を用いて、雄成虫の発生消長を調査したところ6月上旬に初発が確認された。3回のピークが認められたが、最後に誘殺が観察された11月初めまで、雄成虫の発生は途切れることなく続いた。既報の発育零点と有効積算温度から防除適期である1齢幼虫の発生時期は、5月中旬~下旬であったことが推察された。、
研究分担病害虫科
予算区分国庫補助(農水省)・受託(農水省)・都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030221011
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat