Ⅰ 牧草(ペレニアルライグラス)の新品種の開発、1 ペレニアルライグラス系統適応性検定試験

Ⅰ 牧草(ペレニアルライグラス)の新品種の開発、1 ペレニアルライグラス系統適応性検定試験

県名山梨県
研究機関名山梨県酪農試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H27~29
年度2014
概要ペレニアルライグラスは、耕作放棄地等を活用した放牧には適する牧草であるが、耐暑性が低いことが欠点であり、県内では高冷地や準高冷地を除くと利用が難しかった。、そこで、既存品種に比べて生産性や耐暑性を向上させたペレニアルライグラスの晩生放牧専用新系統である「PC11L-2」(「東北7号PR」)について、県内における適応性評価を行う。、
研究分担草地環境科
予算区分受託(農水省)
業績(1)ペレニアルライグラス「ヤツマサリ」
(2)夏季と秋季に多収で、越夏性に優れるペレニアルライグラス「八ヶ岳T-26号」
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030221031
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat