Ⅳ 牛の人工妊娠技術実用化、2 体外受精卵を活用した乳用牛の繁殖成績向上技術の確立

Ⅳ 牛の人工妊娠技術実用化、2 体外受精卵を活用した乳用牛の繁殖成績向上技術の確立

県名山梨県
研究機関名山梨県酪農試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H27~29
年度2014
概要近年、超急速ガラス化保存胚のストロー内融解について研究が進み、農家庭先での融解・直接移植が可能となりつつある。そこで、これまで当場で良好な成績が得られてきたASAH処理(胞胚腔収+縮孵化補助)技術とストロー内融解方式の超急速ガラス化保存法を組み合わせることで、体外受精卵の受胎率を向上させ、乳用牛の繁殖成績向上技術としての活用を図る。、
研究分担乳肉用牛科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030221037
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat