りんごフェザー苗木供給体制構築を加速するM.9台木の生産効率の向上、1.実証組織におけるM.9台木の効率的利用技術導入による台木生産経営モデルの策定、(1)M.9台木の効率的利用技術の経営評価

りんごフェザー苗木供給体制構築を加速するM.9台木の生産効率の向上、1.実証組織におけるM.9台木の効率的利用技術導入による台木生産経営モデルの策定、(1)M.9台木の効率的利用技術の経営評価

県名長野県
研究機関名長野県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~28
年度2014
概要目的:果樹試験場が開発する効率的利用技術を用いた取り木繁殖法による台木の生産原価を調査し、接ぎ木盛り土法の場合と比較し、経営的な優位性を検討する。、成果:取り木繁殖法を用いたM.9台木生産について、接ぎ木盛り土法と比較し台木採苗本数当たりの作業時間では10~30%の省力効果が確認できた。また、台木採苗本数当たりの生産費では、取り木繁殖法は30~50%のコスト削減効果が認められた。、
研究分担企画経営部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030221089
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat