地球温暖化が農林水産業に及ぼす影響評価と緩和および適応技術の開発

 地球温暖化が農林水産業に及ぼす影響評価と緩和および適応技術の開発

県名長野県
研究機関名長野県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~26
年度2014
概要、目的:日焼け発生が認められる果皮表面温度(日焼け発生限界温度)および日焼け発生限界温度を超える気象条件を明らかにする。、成果:果実表面最高温度と日焼け発生率の間に正の相関関係が認められ、日焼け発生率が50%となる果実表面最高温度は51.1℃と推定された。、
研究分担栽培部
予算区分受託(農水省)
業績(1)リンゴ果実の日焼け症状の発生と果実表面温度の関係
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030221190
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat