豚に関する素材開発研究、(2)豚の産肉能力向上技術、 2) 繁殖成績の向上と肥育期間短縮が可能な管理技術の確立

豚に関する素材開発研究、(2)豚の産肉能力向上技術、 2) 繁殖成績の向上と肥育期間短縮が可能な管理技術の確立

県名長野県
研究機関名長野県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~29
年度2014
概要目的:離乳子豚の死亡、発育遅延、薬品等衛生費の増加が養豚経営を圧迫している。子豚のオールイン・オールアウトを可能にして疾病の発生を抑制するため、種豚の分娩をグループ管理するための技術を開発する。また、離乳子豚の発育停滞を防ぐための哺乳及び離乳時飼養技術について検討する。、成果:未経産豚の発情時期の調整は、授精希望日の30~38日前に発情となった場合は発情抑制処理の成功率は92.8%で、発情抑制した豚の発情誘起率は90.9%だった。発情誘起豚の受胎率は100%で産子数は対照区と比較してやや少なかったが発情調整が可能であることがわかった。
研究分担養豚養鶏部
予算区分都道府県単
業績(1)竹粉のサイレージ化と養豚における飼料利用の検討
(2)飼料が豚の肉質に及ぼす影響に関する研究
(3)飼料が豚の肉質に及ぼす影響に関する研究
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030221274
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat