鶏に関する素材開発研究、(1)地鶏の生産性向上技術の確立、1)繁殖技術改善による素びなの効率的生産技術

鶏に関する素材開発研究、(1)地鶏の生産性向上技術の確立、1)繁殖技術改善による素びなの効率的生産技術

県名長野県
研究機関名長野県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~29
年度2014
概要目的:省力的な人工授精法の検討および、受精率を向上させる飼養条件の検討により、省力的な種卵生産を図る。、成果:精液希釈液へBSAを添加する、または精液の注入量を2倍にすることにより、精液注入後1週間の受精率に好ましい効果を与える可能性が認められた。しかし、いずれも精液注入後2週間にわたって受精率を維持することは不可能であり、高受精率を維持するためには、週に1回の人工授精を実施することが必要であると考えられた。
研究分担養豚養鶏部
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030221276
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat