牧草・飼料作物および畜産環境に関する素材開発研究、1.飼料作物の新品種開発と品種特性および栽培利用条件

牧草・飼料作物および畜産環境に関する素材開発研究、1.飼料作物の新品種開発と品種特性および栽培利用条件

県名長野県
研究機関名長野県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~29
年度2014
概要目的:自給飼料増産に貢献できるソルガムおよび飼料用とうもろこしの新品種を育成するとともに、新規用途について検討する。、成果:とうもろこし「AX-152」は乾物総重が「36B08」の107%で雌穂重割合は同程度である。アントシアニン含量は39倍、抗酸化能は2.2倍であった。高冷地への適応性はあると考えられた。、スーダン型ソルガムは、花粉親系統38系統を選抜し、自殖採種するとともに、組合せ能力を確認するためMS3Aとの交配を行った。種子親系統は戻し交配を実施した。
研究分担飼料環境部
予算区分都道府県単
業績(1)高消化性スーダン型ソルガム「涼風」の栽培および収穫・調製技術
(2)高消化性・紫斑点病抵抗性兼用型ソルガム新品種「華青葉」
(3)高消化性スーダン型ソルガム「涼風」における生育期と栄養価の関係
(4)高糖性ソルガムの飼料品質および嗜好性
(5)ソルガム類を活用した今後の自給飼料増産の可能性、ソルガム類の近年の品種育成の動向
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030221289
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat