カラマツの天然更新を活用した革新的施業技術の確立

カラマツの天然更新を活用した革新的施業技術の確立

県名長野県
研究機関名長野県林業総合センター 
課題種別試験研究課題
研究期間新H26-30
年度2014
概要カラマツの天然更新技術が体系化されていないため,カラマツ人工林の再造林において低コストに更新を図る技術として,カラマツの天然更新技術の体系化を目指し,カラマツの天然更新を確実に進める技術を開発し,造林コストの低減を目指す。
研究分担育林部
予算区分その他、(科研費)
業績(1)信濃町霊仙寺国有林におけるスギコンテナ苗の1年目の生残結果
(2)帯状伐採による伐採-造林一貫作業システムの検討
(3)アカマツ林小規模皆伐時の生産性に関する研究
(4)伐採・造林一貫作業による再造林コスト低減の検討
(5)長野県信濃町におけるスギコンテナ苗の活着と成長
(6)ヒノキコンテナ苗の活着と成長に及ぼすリターマルチングの影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030221325
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat