原木シイタケ栽培の革新的な省力栽培技術の開発

原木シイタケ栽培の革新的な省力栽培技術の開発

県名長野県
研究機関名長野県林業総合センター 
課題種別試験研究課題
研究期間継H25-29
年度2014
概要原木シイタケ栽培は、地域の森林資源と森林空間を有効に活用した、環境負荷の少ない産業であるが、生産者の高齢化等で生産人口は減少している。その原因の1つとして、原木シイタケの生産は重い原木の移動を伴う重労働であるということがあげられる。県内の里山にはコナラ林等の原木林が各地に存在し、活用を待つ生産資源が身近にある。このような状況に答えるため、原木シイタケ栽培の標準的な作業内容を見直し、労働負荷の軽減について検討し、省力化栽培技術を開発する。地域の資源と森林空間を活用した革新的な原木シイタケ栽培技術を開発することで、高齢者や一般市民でも取り組みやすい栽培方法の確立に向けて取り組む。
研究分担特産部
予算区分県単
業績(1)生シイタケ(原木栽培)の経営指標
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030221336
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat