露地栽培における加工用パッションフルーツの安定生産技術の確立

露地栽培における加工用パッションフルーツの安定生産技術の確立

県名岐阜県
研究機関名岐阜県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H26
年度2014
概要目的:パッションフルーツは生果や加工用原料として高い需要があるが、春は収量が少なく、秋も未熟果が多いため、収量を増加する栽培技術を確立する。、計画:①開花数の増加、開花期間の延長による多収技術の開発 ②加工に適した追熟技術の開発、成果:①整枝法としては、夏美については一文字仕立てが、冬実については逆L字仕立てが開花数、収穫果数ともに多くなった。 ②加工用(追熟)に利用するには9月末までに開花する必要があると考えられ、ジャム加工用の追熟方法は20℃で約19日(収穫後目標酸度3%まで低下するのに必要な日数)と考えられた。
研究分担野菜・果樹部
予算区分受託(果実協会)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030221509
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat