ギフアブラバチの大量増殖と生物農薬としての利用技術の開発

ギフアブラバチの大量増殖と生物農薬としての利用技術の開発

県名岐阜県
研究機関名岐阜県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~27
年度2014
概要目的:甘長とうがらし栽培で、ジャガイモヒゲナガアブラムシを代表とする大型アブラムシに防除効果が期待できる在来天敵ギフアブラバチを用いた防除技術の開発を行う。、計画:①ギフアブラバチに対する化学農薬の影響を解明する。②農薬登録を取得する。③甘長とうがらしにおけるギフアブラバチによる、防除体系を開発する。、成果:甘長とうがらし栽培におけるジャガイモヒゲナガアブラブラムシに対するギフアブラバチの防除効果を確認した。各種殺虫剤の影響期間を明らかにした。また、ギフアブラバチの農薬登録試験をピーマンで実施し、実用性を確認した。、
研究分担環境部
予算区分受託(農林水産省)
業績(1)とうがらし類やピーマンで使用される殺虫剤のギフアブラバチに対する影響期間
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030221517
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat