農薬飛散を抑え、人と自然にやさしいカキ害虫防除手法の開発

農薬飛散を抑え、人と自然にやさしいカキ害虫防除手法の開発

県名岐阜県
研究機関名岐阜県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H27~29
年度2014
概要目的:難防除害虫であるフジコナカイガラムシや樹幹害虫に対して化学農薬に散布によらない防除技術を開発し、農薬飛散のない省力的な防除法を確立する。、計画:①フジコナカイガラムシやフタモンマダラメイガの交信攪乱による防除法を開発する。②天敵昆虫や昆虫寄生性糸状菌を活用した防除技術を開発する。
研究分担環境部
予算区分県単
業績(1)フジコナカイガラムシの性フェロモンに対する寄生蜂2種の誘引性と、その利用に向けた取り組み
(2)フジコナカイガラムシの性フェロモンに対する寄生蜂2種の誘引性と、その利用に向けた取り組み
(3)フジコナカイガラムシ性フェロモンの2種寄生蜂に対する誘引性
(4)カキノヘタムシガの交信攪乱剤「ヘタムシコン」の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030221520
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat