既存の育種技術にDNA情報を組み込んだ新たな改良手法の実用化研究

既存の育種技術にDNA情報を組み込んだ新たな改良手法の実用化研究

県名岐阜県
研究機関名岐阜県畜産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~28
年度2014
概要目的:血統情報と枝肉形質等から推定していた「育種価」に加え、DNA情報と枝肉形質等から求めたゲノミック育種価を利用することにより肉用牛改良のスピードアップを図る。、成果:県内肥育牛のDNAサンプルのSNP解析を行い、その結果に県外地域で利用可能なSNP解析データを加えて訓練群とし、県有種雄牛のゲノム育種価を算出した。ゲノム育種価と従来の推定育種価との相関は中程度であった。、残された課題:推定育種価との相関を高めるため、さらに県内肥育牛のSNP解析データを蓄積する必要がある。また、繁殖形質の解析にも着手する。
研究分担飛騨牛研究部
予算区分県単
業績(1)黒毛和種子牛の発育とCW-1/PLAG1およびCW-2/NCAPGの遺伝子型との関連
(2)黒毛和種肥育牛を訓練集団とした枝肉形質ゲノム育種価評価の試み
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030221566
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat