高糖分飼料稲「たちすずか」の消化特性と乳牛への給与に関する研究

高糖分飼料稲「たちすずか」の消化特性と乳牛への給与に関する研究

県名岐阜県
研究機関名岐阜県畜産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~28
年度2014
概要目的:飼料用稲「たちすずか」は籾部分が少なく茎葉に糖を多く含むことを特徴とし、従来の飼料用稲の籾部分の栄養ロス改善と飼料価値の向上に期待が持てる新品種である。そこで、「たちすずか」の乳用牛における消化特性を明らかにするとともに給与技術を確立する。、成果:「たちすずか」は従来の飼料稲に比べて泌乳牛に多給しても乳量は減少することはなかった。このことから、「たちすずか」は泌乳牛向け飼料として適することが確認された。
研究分担酪農研究部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030221570
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat