漁業調査試験(有用貝類試験曳き調査)

漁業調査試験(有用貝類試験曳き調査)

県名愛知県
研究機関名愛知県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間H19~
年度2014
概要[研究の背景・目的]、 地先有用貝類の分布調査を実施することにより、資源、漁場の有効利用を図る。、[本年度の目標]、 西三河地区の共同漁業権内において、年4回有用貝類(アサリ及びバカガイ)の生息状況を調査し、臨時許可に基づく有効利用を図る。また、三河湾のトリガイについても漁期前に生息状況調査を行う。、[結果の概要]、 5月29日(3地点)、8月28日(3地点)、11月26日(3地点)、2月25日(3地点)に西三河地区の共同漁業権84号において有用貝類の生息状況を調査した。、 また、2月17日(9地点)に東三河地区、西三河地区においてトリガイの生息状況を調査した。、・アサリは、殻長30㎜以上の個体が多く漁獲され十分漁獲対象となる。、・バカガイは、調査で漁獲された時もあるが、いずれも生息密度が低く漁獲対象としては個体数が少ない。、・トリガイは、調査した9地点のうち4地点で漁獲され、また漁獲された個体においては、殻長50㎜以上の個体数がほとんどとれなく少なかった。、・ツメタガイ、トゲモミジ及びスナヒトデが各調査地点で少量であるが混獲され、有用貝類への食害も考えられる。
研究分担海洋資源グループ
予算区分県単
業績(1)有用貝類試験びき調査
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030221840
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat