特産マス類資源の保全と活用に関する調査・研究、1.特産マス類漁業に関する調査・研究、(1)琵琶湖水系産イワナ・アマゴの種苗化研究

特産マス類資源の保全と活用に関する調査・研究、1.特産マス類漁業に関する調査・研究、(1)琵琶湖水系産イワナ・アマゴの種苗化研究

県名滋賀県
研究機関名滋賀県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H17~28
年度2014
概要[目的]琵琶湖水系産在来イワナおよびアマゴを河川放流用および養殖用の種苗とするための技術開発を行う。、[成果]①mtDNA分析により琵琶湖水系産在来イワナについては確認したが、アマゴについては在来個体群を確認できていない。②在来イワナは孵化率、浮上率が悪く生残率は40%程度にとどまっている。③飼育継続中の琵琶湖水系産在来イワナ(犬上川系、安曇川系)に加え、新たに3河川でイワナを採集し、採卵を行った。
研究分担環境病理担当(醒井養鱒場)
予算区分県単
業績(1)知内川に密放流されたアマゴの駆除
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030222054
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat