新たなブランド化を目指した高糖度早生ナシの栽培体系の確立

新たなブランド化を目指した高糖度早生ナシの栽培体系の確立

県名京都府
研究機関名京都府農林水産技術センター農林センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~27
年度2014
概要丹後地域では「ゴールド二十世紀」を主力としてナシ栽培が行われているが、価格低迷に加えピーク時の労働力不足の問題を抱え、早生品種導入の必要性が高まっている。そこで、各地で導入が進みつつある有望品種の丹後地域への適応性の確認と効率的な栽培方法を確立する。
研究分担丹後特産部
予算区分府単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030222136
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat