吉野スギの生物劣化抵抗性評価

吉野スギの生物劣化抵抗性評価

県名奈良県
研究機関名奈良県森林技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新(H27~29)
年度2014
概要○目的:県産材の需要拡大を推し進めるためには、科学的データに基づいた優位性を明らかにする必要がある。奈良県産材のうち、吉野スギについては、年輪の細かさが耐蟻性に効果を発揮する可能性がある。そこで、吉野スギの耐蟻性を中心に、耐朽性についても検討する。、○計画:①試験材の収集②物性評価:年輪が細かい吉野スギの耐蟻性、スギが有する耐朽性成分の性能を検討する。③データの普及:られたデータは既知のデータとともにパンフレットなどに編集し、センターHP上で公表、PDF等の形で誰もが利用可能な状態で提供する。、○期待される成果:強度性能以外に吉野材の優位性を示す科学的データが追加されることにより、複数の優位性を列挙できる。これは県産材売り込み現場での有力な武器となり、奈良県が目指す県産材の販売量増加につながることが期待できる。、○成果の受け渡し先:吉野スギの売り込み現場
研究分担木材利用課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030222511
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat