県産優良材を用いた楽器開発事業

県産優良材を用いた楽器開発事業

県名奈良県
研究機関名奈良県森林技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新(H27~28)
年度2014
概要○目的:均質な年輪構成を有し、美しく、高いヤング率があるなどの極めて優れた特徴がある奈良県産スギ材の特徴を活かした木づかいを広めるために、新しい用途としての楽器開発を進める。、○計画:楽器材として、県産スギ材を響板等に用いたバイオリンを開発する。製作した楽器は演奏会を開催する。、○期待される成果:楽器だけではなく、コンサートホールの内装など新たな販路開拓を目指す。、○成果の受渡:工務店、木材関連企業 
研究分担木材利用課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030222519
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat