「赤身が旨い熊野牛」生産技術開発、                                                                                                                        1)食品副産物を利用した特徴ある牛肉生産技術の開発、                                                                                                                             2)生産物の理化学的評価

「赤身が旨い熊野牛」生産技術開発、                                                                                                                        1)食品副産物を利用した特徴ある牛肉生産技術の開発、                                                                                                                             2)生産物の理化学的評価

県名和歌山県
研究機関名和歌山県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H27~29
年度2014
概要【目的】                                                                                                                                         黒毛和種牛は脂肪交雑に重点を置いて改良されてきた。しかし、過度な脂肪交雑の牛肉が消費者に敬遠されることもある。そこで、適度な脂肪交雑で肉色や風味が劣化しにくいなどの特徴を持つ牛肉を県内の食品副産物を利用して、低コストで短期間に生産する技術を開発する。(近畿大学生物理工学部との共同研究)、                                                                                                                 【期待される効果】                                                                                                                                                                                                                                            ・肥育期間の短縮                                                                                                                                          ・食品副産物利用による生産コストの削減                                                                                                                                                                                                                              ・肥育期間短縮による牛舎回転率の向上
研究分担大家畜部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030222595
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat