精液の保存性向上試験

精液の保存性向上試験

県名鳥取県
研究機関名鳥取県中小家畜試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H24~26
年度2014
概要目的:人工授精は、コストの削減と省力化に有効であり、県内約70%の養豚農家に取り入れられている。農家から液状精液の長期保存の要望があり、液状精液の保存性を向上させる試験を行う。、計画:(1)夏場に種雄豚への添加剤(L-カルニチンサプリメント)給与試験。(2)夏場の豚液状精液の輸送方法を検討。、成果:(1)添加剤の給与により、若い種雄豚において精液活性の低下が抑制された。(2)場内試験で効果の見られた輸送方法と現行方法を用いて、夏場に農家へ輸送し人工授精を行った。繁殖成績に差は見られなかったものの、精液活性の低下抑制効果が認められた。、
研究分担養豚研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030222687
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat