木質バイオマス資源としての林地残材の搬出利用に関する実証試験

木質バイオマス資源としての林地残材の搬出利用に関する実証試験

県名鳥取県
研究機関名鳥取県林業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~27
年度2014
概要目的:間伐後の林地残材を木質バイオマスエネルギー資源として有効利用するため、林地残材の搬出方法、集積・運搬コスト、作業時の問題点について検証し、効率的な搬出利用の促進に必要な現地実証を行う。、成果:人力による林地残材の集材から薪の作成までと、移動式チッパーによるチップ化の工程調査及びコストを算出した。薪、チッパーとも燃材の使用には含水率の調整が必要であった。
研究分担森林管理研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030222701
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat