活イカブランド出荷システム、実証試験

活イカブランド出荷システム、実証試験

県名鳥取県
研究機関名鳥取県栽培漁業センター
課題種別試験研究課題
研究期間完25~26年度
年度2014
概要(目的)、  需要の高い「活白イカ」について陸上水槽での活イカの備蓄技術や飲食店等の出荷先までの活魚ハック輸送技術を開発する。、(成果)、・ 賀露地区にモデル水槽を設置し、蓄養試験を実施し、1週間以上の蓄養に成功した。夏の白イカは蓄養中に産卵し、衰弱するため長期の蓄養は行わないのが良いことが分かった。、
研究分担養殖・、漁場環境室
予算区分単県
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030222731
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat