飼料用稲を中心とした二毛作栽培体系による水田の周年活用技術の確立

飼料用稲を中心とした二毛作栽培体系による水田の周年活用技術の確立

県名島根県
研究機関名島根県畜産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~28
年度2014
概要目的:飼料用稲と飼料用稲専用収穫機が利用できる飼料用麦等の二毛作体系を確立するため、本県の気象条件にあわせた飼料用麦の品種選定と、湿害対策としてイタリアンライグラスの同時播種による栽培体系を検討する。また、搾乳牛への給与試験を実施し生乳生産への影響を検討する。
研究分担酪農・環境科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030222775
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat