中海有用水産動物モニタリング調査

中海有用水産動物モニタリング調査

県名島根県
研究機関名島根県水産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24~27
年度2014
概要堤防開削により、本庄水域の環境に変化が生じることが予想され、アサリ、サルボウ等有用魚介類の資源状況および環境の変化を把握するとともに、これら資源の増殖方法や有効利用方法について検討する。
研究分担浅海科
予算区分県単
業績(1)中海有用水産動物モニタリング調査
(2)中海のサルボウガイについて
(3)島根県中海におけるサルボウガイの篭垂下養殖技術の開発について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030222797
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat