漁業依存情報に基づく機動的禁漁区設定事業

漁業依存情報に基づく機動的禁漁区設定事業

県名島根県
研究機関名島根県水産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~27
年度2014
概要ゾーニング技術を応用した漁業管理モデルを開発し、底魚資源の回復を図るとともに本漁業を、漁業者自らの操業結果を指標として資源管理を自己責任により実施していく責任ある漁業へ転換させる。
研究分担海洋資源科  
予算区分受託、(農水省)
業績(1)底魚類の資源回復のための漁獲管理システムの開発
(2)島根県におけるアカムツ未成魚漁獲推定モデルの作成と性能評価
(3)島根県沖合底びき網漁業における機動的禁漁区の設置によるアカムツ若齢魚の資源保護効果の検討
(4)島根県沖合におけるアカムツ未成魚漁獲予測モデルの予測能とその効果検証
(5)島根県浜田地区(浜田港における沖合底びき網漁業構造改革の取組)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030222808
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat