ブドウ根頭がんしゅ病新規拮抗細菌の環境中の動態と防除機構の解明

ブドウ根頭がんしゅ病新規拮抗細菌の環境中の動態と防除機構の解明

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完(H25~H26)
年度2014
概要ブドウ根頭がんしゅ病に対する新規の拮抗細菌Rhizobium vitis ARK-1 株の培養菌液にブドウの根を浸漬すると、圃場レベルで高い防除効果が得られることを世界で初めて見出した。しかし、防除機構は明らかでなく、本菌株の環境中における動態も不明であるため、本研究では植物体や土壌中におけるARK-1 株の動態および防除機構の解明を目指す。平成26年度試験では、拮抗細菌と根頭がんしゅ病菌をブドウ新梢に混合接種した部位における病原性関連遺伝子の発現量をRT-qPCR法で定量した結果、ARK-1株は根頭がんしゅ病菌の病原性の発現を感染の初期段階において抑制している可能性が考えられた、他。
研究分担病虫
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)Reduction of pathogen populations at grapevine wound sites is associated with the mechanism of biological control of crown gall by Rhizobium vitis strain ARK-1
(2)Reduction of pathogen populations at grapevine wound sites is associated with the mechanism of biological control of crown gall by Agrobacterium vitis strain ARK-1.
(3)非病原性Rhizobium vitis ARK-1株はブドウ根頭がんしゅ病菌のvir領域の発現と菌数の増加を抑制する
(4)非病原性Rhizobium vitis ARK-1株によるリンゴ、モモおよびナシ根頭がんしゅ病に対する生物防除
(5)土壌病害ブドウ根頭がんしゅ病の生物的防除法の開発
(6)ブドウ根頭がんしゅ病に対する生物防除
(7)実用化に向けた生物防除研究の今後
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030222905
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat