naked培地を用いた育苗による冬春イチゴの年内収量増加の現地実証

naked培地を用いた育苗による冬春イチゴの年内収量増加の現地実証

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H26
年度2014
概要イチゴの年内収量を高めるnaked培地のイチゴ育苗技術について,南部沿岸地域(尾道市)でも花芽分化が促進され,早期収穫による年内収量増加に有効であることが検証できた。
研究分担栽培研究部
予算区分県単
業績(1)ポットレス培地を利用した育苗時の培地量がイチゴの生育および収量に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030222975
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat