CLT等新製品・新技術利用促進事業のうちCLT実用化促進(強度データ等の収集・分析)

CLT等新製品・新技術利用促進事業のうちCLT実用化促進(強度データ等の収集・分析)

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H26
年度2014
概要[目的]、 CLT製品の品質を示す最も基本的な強度性能である面外曲げ性能に関する強度試験を実施し,その性能を把握する。、[全体計画]、 スギ材の層構成が面外曲げ強度性能に与える影響について,層数の変更や外層を2ply同じ繊維方向に変えて試験体を試作し,評価検討した。、[成果の概要]、(1)縦振動法,たわみ振動法(T.G.H. 法)によるヤング係数と静的曲げヤング係数を比較した。、(2)層構成が面外曲げ強度性能に与える影響について評価した。、(3)強軸及び弱軸の面外曲げ強度性能に与える影響について評価した。、[今後の課題]、 スギ材についての評価を行ったが,他樹種でも性能評価が必要である。
研究分担林業研究部
予算区分受託、(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030222997
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat