集落営農法人の経営安定に寄与する水稲早生品種の開発と「山口10号」の安定栽培技術の確立

集落営農法人の経営安定に寄与する水稲早生品種の開発と「山口10号」の安定栽培技術の確立

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23-27
年度2014
概要目的:法人の経営管理安定に寄与する労働力分散や、適期作業を可能とする栽培しやすい早生の良食味品種を開発する。また、有望系統の評価や早期普及を図るため、広域適応性の把握や直播き特性等を調査するとともに、法人経営の複合化に資する栽培技術を確立する。、計画:、(1)低コスト栽培が可能で、「あきまつり」より10%多収の早生・良質良  食味米品種の開発、(2)「山口10号」・「関東239号」の評価とその安定栽培技術の確立、期待される成果:、(1)営農法人等でも容易に栽培でき、作期分散が可能な早生・良質安定多  収品種の開発、(2)「山育30号」について、広域適応性が明らかになるとともに、当品種  が法人等で円滑な導入を推進できる直播栽培を含む安定栽培技術の確立、、
研究分担土地利用
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030223039
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat