近年の品質低下に対応した良質米生産技術の確立

近年の品質低下に対応した良質米生産技術の確立

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24-27
年度2014
概要目的、 品質の低下程度の大きい平坦部の「ひとめぼれ」及び「ヒノヒカリ」を対象とし、生産現場で太宗を占める緩効性肥料の体系について、施肥基準を見直すとともに、生育や気象条件に応じた追肥の判断法を確立する。、さらに、適切な栽培管理法を組み合わせることで近年の品質低下に対応した良質米栽培技術を確立する。、期待される成果、(1)品質低下の軽減に効果的な緩効性肥料の施肥基準を作成するとともに、生育や気象条件に応じた追肥の判断が可能となる。、(2)水管理や深耕を組み合わせることでより効果的な栽培技術が体系化できる。、、
研究分担土地利用・資源・(山口大学)
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030223097
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat