国産のデュラム小麦品種の栽培と純国産パスタ製品の開発

国産のデュラム小麦品種の栽培と純国産パスタ製品の開発

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H27-29
年度2014
概要わが国は平成23年で約27万トンのデュラム小麦を輸入しているが、国内での登録品種の栽培実績はない。その理由は、普通小麦に比べて収穫期が遅く、梅雨による穂発芽や赤かび病に弱いことである。しかし、国内産デュラム小麦のパスタを要望する声は強い。そこで、上述の障害を回避できる、国産のデュラム小麦品種を実用化・栽培し、その特徴を生かしたパスタ製品を開発する。また、創出される新規需要により食料自給率向上を図る。
研究分担土地利用作物
予算区分受託(農林水産技術会議)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030223106
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat