国産飼料の安定生産と魅力向上のための技術開発、(飼料用米の収量を高位安定化させる生産技術等の開発)、-温暖地西部の地域特性に適合した飼料用米品種の安定栽培技術の開発と実証-

国産飼料の安定生産と魅力向上のための技術開発、(飼料用米の収量を高位安定化させる生産技術等の開発)、-温暖地西部の地域特性に適合した飼料用米品種の安定栽培技術の開発と実証-

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H27-31
年度2014
概要概要、近年作付けが急速に拡大している飼料用米生産においては、より低コストでの生産が求められている。このため、既存の飼料用米品種に、いもち病やトビイロウンカ等各地で問題となっている病害虫に対する抵抗性を導入した飼料用米品種の育成及び1t/10aを超えるポテンシャルと病害虫抵抗性を併せ持つ品種を育成する。また、生産コストの大幅な低減を可能とする栽培技術の開発のため、品種育成課題で開発された有望品種・系統について、多肥栽培や直播栽培等の試験によって、品種の特徴を生かした施肥量や栽植密度等の品種特性を把握するとともに、公設試験場等で実証試験を実施することにより、大規模稲作経営の中での低コスト生産の評価を行い、栽培マニュアルを作成する。 ホールクロップサイレージ(WCS)用イネ品種では、現在、普及が進む短穂品種「たちすずか」型の高糖分高消化性と病害抵抗性を併せ持つ品種を育成する。、、
予算区分受託(農林水産技術会議)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030223109
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat