オリーブの低コスト省力生産体系の確立、3 土壌管理・防除技術の省力化の検討、(1) 草生管理技術の検討 

オリーブの低コスト省力生産体系の確立、3 土壌管理・防除技術の省力化の検討、(1) 草生管理技術の検討 

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H22~H26
年度2014
概要目的:国産オリーブオイルの需要拡大に対応するため、低コストで省力・安定生産が可能な栽培体系を確立する。、成果:春期(4/30)の草の生重量は、ダイカンドラ、センチピートグラスおよびヒメイワダレソウ区は無処理区と差は認められず、植物マルチの場合でも春草の刈り払いは必要であると考えられた。
研究分担小豆オリーブ研究所
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030223320
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat