新肥料の肥効試験

新肥料の肥効試験

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継S45~
年度2014
概要目的:新たに開発された肥料等について、収量・品質に与える効果や慣行肥料との差異を明らかにし、新肥料普及のための資料とする。、成果:水稲の全量基肥栽培における温暖化対応型肥料を中心に、「コシヒカリ」で2銘柄、「おいでまい」で2銘柄について検討した結果、「おいでまい」に対して速効性(30%)、LPS120(70%)を含有する銘柄を普及性有りと判定した。また、水稲直播栽培用専用肥料の適用性を検討した結果、慣行肥料に比べて「おいでまい」は10%増収、「ヒノヒカリ」は5%増収した。、 麦類は、全量基肥肥料について、小麦2銘柄、はだか麦1銘柄について検討した。また、はだか麦に対する低PK肥料の施用効果を検討した。、 ブドウ「シャインマスカット」において、5‐アミノレブリン酸入り液体肥料「ペンタキープ」の収穫後葉面散布が樹体に及ぼす影響を検討した結果、落葉がやや遅くなる傾向は見られたものの、新梢の太りに差は無く、効果は判然としなかった。
研究分担作物・特作部門、府中果樹研究所
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030223380
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat