レタス・キャベツ周年安定供給のための産地間連携・産地内協調支援システムの構築と実証、 1) 地域別品種別生育モデルの開発

レタス・キャベツ周年安定供給のための産地間連携・産地内協調支援システムの構築と実証、 1) 地域別品種別生育モデルの開発

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~H27
年度2014
概要目的:レタスの安定供給のために、2週間~1か月前に生育モデルを用いて異常気象時でも精度の高い生育予測を行い、中間事業者の調達調整や生産者の出荷調整を支援するシステムを開発する。、成果:12月どり及び3月どり栽培において、葉齢と結球部生体重及び結球葉数に高い相関がみられ、葉齢で収穫適期の判断ができると考えられた。また、日平均気温の積算気温と葉齢にも高い相関がみられ、積算気温と葉齢から収穫予測日を算出することが可能であると思われた。るが、品種や作型、被覆資材によって計算式を変更することがは必要であると考えられた。
研究分担野菜・花き部門
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030223408
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat