農薬動態把握に基づく効率的で安全な科学的防除技術の開発

農薬動態把握に基づく効率的で安全な科学的防除技術の開発

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H23~
年度2014
概要目的:殺虫剤・殺菌剤の防除効果をより高めるための基礎的知見を得るため、処理された農薬の動態を追うことで、薬効に必要な条件を探る。、成果:アスパラガスにおける歩行型スピードスプレヤーによる防除方法の検討を行ったところ、歩行型スピードスプレヤーは、手散布より散布むらが小さい傾向にあった。、散布スピードは、2段階で設定可能で、散布速度が遅い方が、付着量は大きい傾向にあった。、通路側のみを散布するため、ハウスサイド側の付着量が小さく、食餌浸漬法による効果も低かった。ただし、ハウス内のネギアザミウマは、サイド側でも少なくなっていた。
研究分担生産環境部門
予算区分都道府県単
業績(1)かがわ型アスパラガス栽培システムにおける防除方法の検討
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030223446
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat