オリーブの新品種と安定生産技術の開発、3 ハマキムシ類の発生消長と被害調査

オリーブの新品種と安定生産技術の開発、3 ハマキムシ類の発生消長と被害調査

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H24~H28
年度2014
概要目的:本県のオリーブは、主に希少性でオンリーワン産地を形成してきたが、国内新興産地の参入が加速化しており、トップワン産地へ移行するための新技術の開発が急務である。そこで、本県オリジナル品種の早期開発を図るとともに、既に本県に導入している海外品種の中から早期に普及できる有望品種を選抜する。また、近年、産地で問題となっているハマキムシ類やカメムシ類などの病害虫防除対策技術を開発する。、成果:①マエアカスカシノメイガは3月中旬から4月下旬、6月下旬、10月中旬に発生があり、12月上旬もわずかに発生が認められた。誘殺数は2012年と同程度であった。、②食害痕は5月中旬から6月中旬、9月中旬から11月下旬の2回に分けて見られ、幼虫発生ピークは9月下旬と10月下旬であった。このため、今季は4月に花房の食害が確認され、9月以降に収穫前の果実が食害される事例が発生した。、③研究所内のオリーブの葉先や花房、果実を食害していた幼虫を採取後、執務室内室温で飼育したところ、羽化したのは全てマエアカスカシノメイガであった。
研究分担小豆オリーブ研究所
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030223466
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat