新品種導入リスク軽減評価指標開発

新品種導入リスク軽減評価指標開発

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農林水産研究所果樹研究センターみかん研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H23~27
年度2014
概要目的:カンキツ類の新品種の中には現地導入後に果皮障害などの思わぬ問題点が生じ、早期産地化を妨げる要因となることがある。そこで、事前に生産性や病害抵抗性等を考慮した系統選抜を行うための評価手法を開発し、導入後の農家リスクの軽減を図る。、成果:かいよう病抵抗性指標について、菌の単針付傷接種法により品種別感受性の程度を分類した。既存品種の単位体積当たり収量を調査して基礎データとし、また、新系統の糖度・クエン酸等にもとづく収穫適期・成熟期の判断基準とした。
研究分担果樹研究センターみかん研究所(育種栽培室)
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030223566
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat