大径クヌギ林の有効活用に関する調査研究

大径クヌギ林の有効活用に関する調査研究

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農林水産研究所林業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H24~26
年度2014
概要【目的】、 大径クヌギ林を効率的に伐採搬出する技術の開発と低コストで更新する技術の検証を行い、大径クヌギ林の伐採の促進と低コストで適正な更新方法を検討。、【結果】、 グラップル・フォワーダを利用した伐採搬出作業現地調査を行い、材の利用目的による伐採・玉切り方法に違いによる生産性の差を確認。、 高齢化した株は10~15伐期の株と比較して1割程度萌芽する割合が低かった。また、切株の大きさ(直径・高さ)による萌芽の明確な差は認められなかった。
研究分担研究指導室
予算区分県単独(森林環境税充当)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030223601
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat