促成ナス病害の省力的な総合防除技術の確立

促成ナス病害の省力的な総合防除技術の確立

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~28
年度2014
概要目的:効果的かつ省力的な薬剤処理方法を開発するとともに、環境制御や生物農薬を組み合わせた総合防除体系を確立する。、成果:すすかび病や黒枯病を抑制するために、ハウス内の湿度を低下させる方法を検討した結果、熱回収型換気装置やヒートポンプの利用による湿度低減効果が認められ、すす斑病やすすかび病の防除効果が確認された。硫黄の燻煙処理やシンナムアルデヒド剤の揮発処理により、うどんこ病などの防除効果が認められたが、黒枯病やすすかび病では数種殺菌剤に対する耐性菌が発生しており、特に、黒枯病菌は全てチオファネートメチルに耐性を有していた。、
研究分担病理担当
予算区分県単、
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030223646
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat