施設キュウリのミナミキイロアザミウマおよびタバココナジラミに対する総合的害虫管理技術の確立

施設キュウリのミナミキイロアザミウマおよびタバココナジラミに対する総合的害虫管理技術の確立

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H24~26
年度2014
概要目的:ミナミキイロアザミウマ、タバココナジラミに対する捕食能力が優れているタバコカスミカメを中心とした生物的防除法を開発するとともに、既存の防除技術と組み合わせた総合的害虫管理(IPM)技術を確立する。、成果:促成栽培キュウリにおいて、開口部への防虫ネットの展張およびバンカー法(スカエボラ、バーベナ)による定植直後のタバコカスミカメ並びにスワルスキーカブリダニ放飼を組み合わせた総合的な体系がアザミウマ類、タバココナジラミ防除に有効であることを明らかにした。また、主要な殺虫・殺菌剤のタバコカスミカメに対する影響を調べ、前述の防除体系に組み込み可能な薬剤を明らかにした。
研究分担昆虫担当
予算区分県単、受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030223652
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat