ショウガ白星病の発生生態解明による防除体系の確立

ショウガ白星病の発生生態解明による防除体系の確立

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24~27
年度2014
概要目的:ショウガ白星病の発生生態や、発病程度と収量との関係を明らかにするとともに、効果的な薬剤の選抜や薬剤の効率的な処理方法を明らかにし、効果的な防除体系を確立する。、成果:ショウガ白星病菌とミョウガ葉枯病菌について、形態的特徴の調査および遺伝子解析を実施したが、両者にはほとんど違いが認められないこと、土壌中に残った前作の発病残さが、翌年の伝染源になり得ることを確認した。土壌灌注処理で防除効果を有する薬剤を確認した。、
研究分担病理担当、山間試験室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030223655
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat