露地ショウガにおける養水分管理が貯蔵中の茎落ち部陥没型腐敗症状の発生に及ぼす影響の解明

露地ショウガにおける養水分管理が貯蔵中の茎落ち部陥没型腐敗症状の発生に及ぼす影響の解明

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~27
年度2014
概要目的:養水分管理と茎落ち部陥没型腐敗症状発生との関係を明らかにする。、成果:追肥時期が遅く、量が多いほど乾物率が低下し、窒素含有量が増加することを明らかにした。現在、腐敗発生率との関係を検討中である。、
研究分担土壌肥料担当
予算区分県単、
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030223658
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat