柑橘残渣を活用した高付加価値卵生産(地域資源循環につながる国産柑橘加工技術の刷新)

柑橘残渣を活用した高付加価値卵生産(地域資源循環につながる国産柑橘加工技術の刷新)

県名高知県
研究機関名高知県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完、H24~26
年度2014
概要目的:廃棄されている柑橘残渣を採卵鶏の飼料として活用し、資源循環型の養鶏の実用化を検討する。、成果:①土佐ジローへユズ残渣添加割合を2.5%、7.5%、無添加(対照区)として実施したところ、7.5%区で若干の食滞がみられ、産卵率の低下が顕著であった。卵質においては2.5%区でCF値、HU(鮮度指標値)、卵黄率が有意に高い結果となった。②血漿生化学検査では、7.5%区が他区よりもグルコース、Ca、Pが低く、ALP(アルカリフォスファターゼ)は高い結果となった。③ロードアイランドレッドへユズ残渣添加割合を2.5%、5%、無添加(対照区)として実施したところ、柑橘残渣添加割合が増えるにつれて産卵率が低下した。卵質においては2.5%区で卵重が低く、CF値、卵黄率が有意に高い結果となった。④機能性成分含量は2.5%区、5%区がβ-クリプトキサンチン、α-トコフェロール、ルテインの各成分で対照区よりもやや高い結果となった。⑤土佐ジローへの2.5%添加区(放飼)で生産性への悪影響がなく、卵の鮮度持続性、食味性の向上が示唆された。、
研究分担中小家畜課
予算区分県単(一部受託)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030223697
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat